無料ブログはココログ

映画・テレビ

2007年8月17日 (金)

日本の青空

終戦記念日の15日、ある映画を観てきました。

日本の青空』 なんかほのぼのしたタイトルですが、日本国憲法誕生の真相に迫る興味深い内容。敗戦後、GHQが押し付けたものとばかり思っていた現憲法は、日本人の憲法学者・鈴木安蔵を中心に民間の「憲法研究会」がその基本となるものを作ったという事実。

「戦争放棄と男女平等は車の両輪のようなもの」と言った言葉が印象に残りました。男尊女卑だった当時、女性は社会的に虐げられていました。先天的に戦争を嫌う女性は軍事政府にとっては厄介玉。戦後女性に参政権が与えられ、結果憲法に戦争放棄という条文が加えられた。男女平等社会に戦争という単語は存在しない・・・

Photo上映会場のサールナートホール

http://sarnath.co.jp/

3階のシネギャラリーでは常時渋い映画が上映されてます

Photo_2今月24日まで上映中です

興味のある方は是非!