無料ブログはココログ

旅行・地域

2014年1月28日 (火)

大阪は美味い。安い。

週末を利用して、エコノミーに大阪を堪能しました。
JRバスの東海道昼特急。二階建て三列シートはバスのビジネスクラス。隣の人を気にすることもなく五時間ちょっとの移動も楽々(^^)

先ずは、大阪駅から環状線で一駅。天満の街へ。
天満食肉センターはかれこれ三回目。
新鮮なホルモンは絶品!
そして安い!





街の活気と安さと美味しさ。
大阪は元気です。

2013年12月17日 (火)

ゴールドコースト

視察と言っても誰も信用してもらえませんよね(^^;;
それでも構いません。
充実した仕事のあとには、素晴らしい景色とビールの洗礼!

2013年2月12日 (火)

雪だ雪だぁ~

F

D B

日本インテリアプランナー協会(JIPA)2012全国大会in北海道に参加してきました。

全国の協会の活動報告が行われ、私たちも静岡県IP協会の様子を発表。

ちょうど札幌は雪祭り期間中。総会が終わって大通り公園の会場へ。テレビでしか見たことのなかった雪像が目の前に・・・

雪に飢えている静岡人。数年に一度あるかないかという猛吹雪にもかかわらず大はしゃぎ!

雪の小樽も良かったですよ~

今回感じたのが北海道より静岡のほうが寒いってこと。はしゃいでるせいもあるが、氷点下にもかかわらず、湿度のある雪国は屋外でもそんなに寒く感じない。部屋の中は汗が出るほど暖かい。

家に帰ってから室内が寒くてしょうがない。温度が10度も高いのに乾燥した室内はぜんぜん暖まらない。

住宅の暖房の大切さを実感しました。今後は今以上に断熱設計に配慮しよう。

2012年10月21日 (日)

湘南の休日

とにかく設計という仕事は水商売。営業という行為が難しい。ひたすら待ちの商売である。

震災の影響か、昨年後半から今年の春にかけての落ち込みは正直ヤバかった。このままで終わってたまるか。そこで考えたのが思い切っての黒田設計リニューアル。これからの進むべき道を真剣に考える。人任せなお気楽な体制じゃいかん!

過去の実績・特性・技量・性格を分析。ホームページをリニューアル。有名な建築家じゃあるまいし、黙っていて仕事が来ることは奇跡に近い。自分を売り込む積極性が必要である。

そんな気持ちが通じたのでしょうか。上昇気流が吹いてきたような感じです。この夏は猛暑だったけど、仕事も熱くなってきましたよ~

9月半ば、遅い夏休みをとりました。

1  3 5  8 12  11

江ノ島・鎌倉大仏初体験。厨子海岸では友人(マンジュ&サジット)が参加する『浜の芸術祭』へ

奥様、夏休みが遅くなってごめんなさい

2012年5月23日 (水)

災害ボランティア②

バスは南三陸町歌津の馬場地区に。

海岸を襲った津波は住宅や道路を破壊しながら遡上。高台のすぐ手前の田んぼまで押し寄せ、瓦礫と泥を堆積させて引いていきました。

住宅の瓦やブロック、家財道具などが埋まった田んぼは使い物になりません。

今回の目的はその田んぼの瓦礫を取り除いて田植えが出来る状態にすること。ほとんどの農家が田んぼの復活を諦めています。一日だけのボランティアによる作業でどの程度のことが出来るのか不安でしたが、地元の方々との共同作業で無事田植えを完了できました。

P1010077b  P1010080b

慣れない田んぼでの作業は予想以上に重労働

P1010068b  P1010072b

先行して瓦礫除去の終わった田んぼに田植え機が入った。仕上は手作業です

P1010089b_2

被災地に水田が復活しました。段々の堤に防草シートを張り、後日芝桜の苗が植え込まれます。来年の春は芝桜の名所になるでしょう

P1010103b

2012年5月21日 (月)

災害ボランティア①

震災から1年経過した被災地を思いつつ、facebookのイベント情報が目に付いた。手帳でスケジュールを確認し即申し込みました!

内容は『瓦礫拾い・田植えボランティア募集』。静岡からバスを利用して被災地に向かい、あの被害の酷かった宮城県南三陸町にて作業をするものである。未だに先の見えない状況にある方々の手助けをすることも重要だし、建築家として建物の被害はどうであったか目で確かめる必要がある。

片道10時間の窮屈な車内に朝日が差し込み南三陸町沿岸部に入ると、そこにはテレビで見た悲惨な情景が今もそのまま残されていました。

うず高く積まれた瓦礫の山が復興を阻んでいる。受け入れを拒否する他地域の人たちはこの惨状を直接見るべきだ!

P1010025b  P1010022b

P1010130b

P1010135b 町の中心にある防災対策庁舎。最後まで避難を呼びかけ続けた女性がいた建物です。屋上のアンテナによじ登った町長達だけが助かりました。折れ曲がった鉄骨胴縁が津波の勢いを物語っている。今も大勢の人が慰霊に訪れています。

2012年4月25日 (水)

守護神

15年ほど前、仕事でお世話になった方に『あなたの守護神は金沢にある尾山神社ですよ』と教えられ、半信半疑ながらもそれ以降、家内安全・商売繁盛を願い定期的にお参りを続けています。って言うか信じています

P1000792b

尾山神社は、加賀百万石を築き上げた武将・前田利家を祀る神社。石段の上に建つ国重文指定の神門は素晴らしく、最上部の窓のステンドガラスが個性的。

P1000802b

P1000797b 拝殿で参拝後、おみくじで今年を占う。あっっ・・・。結果は末吉。かなり厳しい内容でした。神様は甘やかしてはくれません

2012年4月23日 (月)

白川郷の春

寒くて長かった冬が終わり、合掌集落にも春がやってきた。

周りの山々にはまだ雪が残っていますが、豊富な雪解け水で草木が一斉に芽吹き始めました

P1000771b

P1000774b  P1000777b

2012年2月16日 (木)

懐かしい景色

福岡から直行バスで2時間。かねてから行ってみたかった湯布院へ。

雪を頂いた由布岳が見下ろす湯の町。風情があります。

観光客で賑わう通りから外れ裏道を散策。そこには忘れかけていた懐かしい景色が広がっていました

A

もちろんここでも胃は休んでいられない。がんばれ俺の内臓

4  5

6  7

8  9

10  11

12  13

旅行サイトの口コミで厳選『御宿 なか屋』さん。

立地、部屋、料理、温泉、接客と五拍子そろった満足の宿でした

2012年2月13日 (月)

食いっぱなし旅 博多編

食べることしか楽しみが無くなってきた今日この頃。ふと冬の玄界灘の幸が無性に食べたくなった。よし、福岡行こう!

静岡から福岡に行く手段は大きく二つ。空路か新幹線だ。

近年では3回訪れた福岡だが、手段は名古屋から飛行機で2回と新幹線が1回。新幹線は固いが時間がかかる。富士山静岡空港からFDAを利用すれば早いが値段が高い。

しかし探せばあるもんです。早割りチケットを大きく下回る激安なホテルパックを発見。

往路夕方便・復路朝便ですがホテル1泊付で26,300円はバカ安です。しかも4日間有効!

博多といえば海鮮の他にも、とんこつラーメン、もつ鍋、水炊き、etc

っというわけで腹に納まった品一式です。体重計が怖い・・・

1  2

3  14

15  17

16  19

20  

より以前の記事一覧